kindle unlimitedのために早速Kindle Paperwhiteを購入

1.kindle unlimited

Amazonの読み放題サービスkindle unlimitedが始まりました。これは月980円でAmazonのセレクトした電子書籍や電子雑誌が読み放題になるサービスです。

すでに、Amazonは、Prime会員向けにPrime VIDEOやPrime MUSICなど、映画、音楽も見放題、聴き放題サービスを始めています。こちらはPrime会員であれば、追加コスト不要でした。

今回開始したkindle unlimitedは、Prime会員であっても、追加コストとして980円/月が必要になります。ただし、1ヶ月間のお試し期間があるので、この期間に試すだけ試して、有料会員になるか判断できます。

私は、お試しで登録してみましたが、これだけのコンテンツ量が読み放題であれば、十分に元が取れると判断しました。

追記

その後、kindle unlimitedは、当初の入会会員数が多すぎて出版社に支払う印税原資が枯渇してしまったことから、Amazonが一方的に読み放題対象書籍を取り下げてしまいました。当初はラインナップが相当充実していましたが、2ヶ月程度で自費出版などが中心のスカスカの状態になってしまいました。よって、残念ながら3ヶ月目に退会しました。

2.電子雑誌ならタブレット

電子雑誌はカラーの雑誌が多いので、タブレットやPCがふさわしいと思います。しかも、画面は大きめの方がより雑誌のビジュアルを楽しめると思います。

例えば、Appleならば、iPad miniのような携帯性を重視した小型タブレットよりも、iPad Pro12インチのような大きな画面のタブレットの方が、雑誌には適していると思います。もちろん、パソコンの大画面でも同じことができます。

なぜなら、電子雑誌はいわば誌面をそのまま画像化したものが、電子雑誌であるため、元の雑誌の大きさとほぼ同じ大きさの画面でないと、文字が小さくなってしまい、拡大しないと文字が読めないということになります。よって、電子雑誌の場合は、画面が大きく、カラーであること、これが快適に楽しむ条件になります。

3.文字を読むにはモノクロE-Ink端末Kindleが最適

一方、文章中心の小説、ビジネス書、実用書については、電子雑誌のような画面の大きさは必要ありません。いわゆるリフロー形式で作成されているものが多いため、文字の拡大縮小によって、文章が再配置されるので、ページ固定の概念がありません。

ところが、これをタブレットやパソコン、あるいはスマートフォンで読むことは可能ですが、文字を通常の液晶で読み続けるのは、目に負担がかかります。目が疲れてきて、結局紙の本が恋しくなります。

しかし、この文字中心の電子書籍を読む最適な液晶が、モノクロE-ink液晶という液晶です。これは紙を再現したモノクロディスプレイで、反応は遅いですが、ぎらつきが無く、比較的紙に近い印象で、しかも、バックライトが目立たないので、目が疲れません。

モノクロE-inkは逆に電子雑誌のようなカラフルなものには適しません。マンガであれば大丈夫です。

よって、用途に応じて読むためのデバイスを替えるのが電子書籍や電子雑誌を楽しむためには良いということになります。

4.Kindleを選ぶ

1)Kindle

Kindleには、複数の種類があります。エントリーモデルのKindleは1万円以下で、クーポンコードによるセールによっては4,000円台になることもあります。しかし、解像度が低く、文字が鮮明でないこと、バックライトが無いことから、できればこれ以上のモデルにしたいところです。

2)Kindle Oasis

一方、ハイエンドモデルとしてKindle Oasisというモデルがあります。こちらはブックカバーと一体で長時間駆動ができるというなかなか工夫されたモデルです。カバーを外すと、もっとも軽いというメリットがあります。また、ページ送りのハードウエアボタンがあります。バックライトのLEDは10個と最多。
しかし、いかんせん値段が高いです。4万円弱と、Androidタブレットや、iPad miniが買える値段なので、躊躇してしまいます。値段さえ気にならなければ、これがベストだと思います。

3)Kindle Voyage

中間ハイエンドモデルとして、Kindle Voyageがあります。こちらは若干軽く薄く、そして、ページ送りのハードウエアボタンがあるというモデルです。解像度はKindle OasisやKindle Paperwhiteと変わらない300ppiです。LEDは6個。値段は2万円台前半。Paperwhiteの性能が上がったため、中途半端な位置づけになってしまっていると思います。

4)Kindle Paperwhite(本命)

そして、本命はKindle Paperwhiteです。これはハイエンドモデルと同様の解像度300ppiで、LEDは4個搭載です。重さも205gと十分に軽量。ページ送りのハードウエアボタンこそ無いものの、基本性能はハイエンドモデルと遜色がありません。

何より、14,000円程度と値段が比較的安く、Kindle Voyageより1万円安く、Kindle Oasisよりも、2万5千円程度安いのです。全4モデルの中では基本性能も高く、もっともコストパフォーマンスが高いモデルと言えます。

Kindle Paperwhiteは前から存在するモデルでしたが、モデルチェンジで液晶の解像度が上がったことにより、魅力あるモデルとなりました。しかも、今まで無かった筐体カラーがホワイトのモデルがラインナップされたので、新しさを感じる事もできます。

なお、買うならキャンペーン情報無しのモデルがおすすめです。キャンペーン情報を読む度に見るというのはストレスです。

5.Kindle Paperwhiteとカバー

ということで、Kindle Paperwhiteのホワイトモデルを買いました。時々Amazonプライム会員向けにクーポンコードで安くなるキャンペーンをやっているので、それを利用すると4,000円〜6,300円程度安くなることがあります。これを使うと、ほぼ約1万円です。

また、液晶については、割れやすいという情報が多いので、液晶保護シートを買い、すぐに貼りました。また、さらに鞄に無造作に入れておくことが多いので、カバーも買いました。

従来のカバーは、底面側面を覆うケース部分がブラックのものが多いのですが、せっかくのホワイトモデルですので、カバーのケース部分が白のものを選びました。カバーをすると、どうしても重くなるというデメリットがあります。しかし、Amazonの純正カバーよりは軽量です。

また、このような手帳型ケースの場合、画面側のカバーを開くと自動的にスイッチがオンとなり、閉じるとオフとなります。通常であれば、電源ボタンを押すというワンステップ必要ですが、それが不要となります。小さなボタンを押すという電子機器特有の操作から解放され、ページめくりという紙の本と同じフィーリングで読書を開始できるのは良いですね。

Kindle Paperwhite と 液晶保護カバー

Kindle Paperwhite と 液晶保護カバー

ホワイトに合うカバー

ホワイトに合うカバー

これで快適な読み放題読書が実現

これで快適な読み放題読書が実現

6.まとめ

Kindle Unlimitedという980円の読み放題サービスが始まりました。この値段で雑誌から書籍まで、かなりのボリュームの点数が読み放題です。これなら十分に元が取れると判断しました。もちろん1ヶ月無料でお試し出来ます。

追記:その後、読み放題ラインナップの大幅減少で、2ヶ月で退会しました。Kindleは引き続き使っています。
そして、電子雑誌はタブレットやPCで、書籍はモノクロE-ink液晶のKindleが適しています。Kindleは現時点でおすすめは、性能が高くコストパフォーマンスが良いKindle Paperwhiteです。しかもホワイトモデルは新しいモデルです。
Kindleのカバーは、液晶が弱いため、やはり必要。手帳型なら本と同じフィーリングで使えます。
多くの雑誌や本が読み放題なので、手のひらに図書館があるような感覚で楽しむことができるので、Kindle Unlimitedはオススメです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク