仕事用にMAMMUT Seon 3-Wayがなかなか良い

仕事用にMAMMUT Seon 3-Wayを買いました。

グレゴリー、ノースフェース、アークテリクスなど、登山ブランドはビジネス用にも使えるバックをリリースしており、なかなか魅力的で人気があります。

マムートのSeon 3-Wayがなかなか良かったの買いました。レビューとしてまとめます。

1 外観デザイン

スクエアなフォルムで、ロゴなどが目立ちすぎないところが良いです。

MAMMUT Seon 3-Way

MAMMUT Seon 3-Way

ショルダーストラップ、リュック、手持ちのスタイルに変えられます。

MAMMUTのロゴも控えめですが、かわいいです。

何より、これが薄マチである事がお気に入りの重要ポイントです。電車では前に抱えるにしても厚みがあると邪魔です。薄い事で、スタイリッシュさと機動性、機能性を向上させます。

MAMMUT Seon 3-Way は薄マチ

MAMMUT Seon 3-Way は薄マチ

2 リュック

リュックのストラップはしっかりしています。角度がついた形で固定されるタイプなので、ふにゃふにゃしません。ショルダーや手持ちの場合、横になりますが、だらりと地面に向かって垂れ下がりにくいです。

ストラップの長さを調整すると余る部分のヒモですが、このヒモをまとめるゴム輪が付いています。これでヒモがだらしなくならずにすみます。

リュックのストラップは、背面側のショルダーの上部にスリットがあるので、完全に収納することができます。つまり、ショルダーや手持ちスタイルの時には、リュックのストラップを収納できます。

MAMMUT Seon 3-Way リュックスタイル

MAMMUT Seon 3-Way リュックスタイル

3 ショルダー

ショルダーストラップもしっかりとしたクッションがついています。

MAMMUT Seon 3-Way ショルダー

MAMMUT Seon 3-Way ショルダー

ビジネス用のキャリーバッグのハンドルを通せるように、背面側にスリットが空いています。ここにショルダーストラップを差し込んで格納できます。

いちいち、外さなくても良いのでスタイルチェンジが楽です。

4 上部ポケット

ここに社員証やイヤホンなど、頻繁に出し入れするものをいれられます。浅いので出し入れが楽です。

MAMMUT Seon 3-Way 上部の浅いポケット

MAMMUT Seon 3-Way 上部の浅いポケット

5 パソコン収納

パソコン用とタブレット用に二つのポケットがあります。パソコン用の飛び出し防止のマジックテープのストッパーは、縦と横どちらもついているので、リュックスタイルの縦からも、ショルダーや手持ちの横から、どちらからももアクセスできます。

MAMMUT Seon 3-Way パソコン・タブレット用収納

MAMMUT Seon 3-Way パソコン・タブレット用収納

6 メイン収納

ファスナーでガバッと全開で開けることができます。荷物をたくさん入れる時に便利です。

蓋側にも、仕分けしてしまえる、メッシュポケットがあります。例えば、予備のネクタイやハンカチをシワにせず収納できます。

MAMMUT Seon 3-Way メイン収納

MAMMUT Seon 3-Way メイン収納

7 オモテ面のファスナーポケット

ここは、薄いものならさっと出し入れできます。

MAMMUT Seon 3-Way 前面ポケット

MAMMUT Seon 3-Way 前面ポケット

8 ファスナーの工夫

ファスナーの取手がスクエアなワッカで引っ張りやすい形状で、良く工夫されているなと思います。しかも、全て止水ファスナーですのて、突然の雨でも安心。

MAMMUT Seon 3-Way ファスナー

MAMMUT Seon 3-Way ファスナー

9 欠点は?

リュックスタイルの縦にした場合、若干長さがあります。もう5〜10センチくらい短くても良いのではと思います。

10 まとめ

ノースフェイスのShuttle 3way Daypackやグレゴリー、アークテリクスなど登山用品メーカーのリュックは機能性も考えられていて魅力的で、ビジネスパーソンにも人気です。

マムートはめったに被りません。中でも、Seon 3-Wayは良く工夫された機能性抜群のリュックです。お気に入りになりました。

ノースフェイスは、このShuttle 3Way Daypackの人気が高いですね。

グレゴリーだと、カバートミッション。

アークテリクスだったら、BLADEシリーズ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク