初心者登山レインウエアは「ストームクルーザー」で決まり!

1レインウェア選びは機能性と軽さのバランス

レインウェア選びは、まずは機能性、そして軽さのバランスで決めました。下調べしているとコレだ!というモデルに出逢えました。それは、発売されたばかりのモンベルの定番、「ストームクルーザー」の改良モデルです。

モンベル「ストームクルーザージャケット」

モンベル「ストームクルーザージャケット」

2ゴアテックスがポイント

レインウェアは防水透湿機能のゴアテックス素材である事が選択の基本となります。どこのお店でもゴアテックスを条件に選ぶと良いと勧められます。
ゴアテックスは簡単に言うと、防水機能と透湿機能を両立させた素材です。つまり雨は弾くけど、湿度がこもらないと言う事ですね。ゴアテックスは様々な改良がされており、「ストームクルーザー」に採用されているのは
GORE® C-ニット™バッカーテクノロジ
という新素材です。
なんと4年の歳月を費やして日本の技術で開発された素材です。確かに試着してみると、しなやかでした。ゴワゴワしていない快適な着心地です。

3軽量であることは重要

それから、雨以外の時でも常に携帯する必要があるので、軽量でコンパクトに収納できるものが良いと言われています。「ストームクルーザー」はジャケットが257gと十分な軽さを実現しています。
モンベルからはさらに軽量な「トレントフライヤー」というモデルもあります。しかし、少し値段が高いです。
専用収納袋に入れるとコンパクトで軽量

専用収納袋に入れるとコンパクトで軽量

4モンベルの価格は良心的

モンベルは海外ブランドに比べると比較的良心的な価格設定をしている物も多く、このモンベルの「ストームクルーザー」も、安くはありませんが、19,872円(税込)と比較的良心的な値段でした。
同じ「GORE® C-ニット™バッカーテクノロジ」素材を使うTHE NORTH FACE の「クライムベリーライトジャケット」は定価で39,960円(税込)と、とても高価です。
http://goldwinwebstore.jp/ec/pro/disp/2/NP11505
そうは言っても上限揃えるので、それなりの値段になりますが、山の気候は変わりやすく、レインウェアは必須なので、良い物を買っておきたいです。
モンベルのストームクルーザーは長らく定番と言われて来たモデルですので、信頼性も高く、それが改良されたのですから、悪いわけが無いと判断しました。
モンベルを代表するレインウェア「ストームクルーザー」が新しいテクノロジーを採用し、生まれ変わりました。
GORE® C-ニット™バッカーテクノロジーを採用することで、従来のストームクルーザーに比べてしなやかさが向上。縫製箇所を減らすなどの大幅な軽量化と同時に、これまでにない柔らかな着心地を実現しました。すそやアルパインカフは、接着することで保水しにくくし、ポケット部分にもシーム処理を施し防水性を高めるなど、細部に至るまで徹底した防水・撥水処理を施しています。豊富なカラーバリエーションを展開し、すっきりした無駄のないシルエットを採用。ウインドブレーカーや防寒着としても活躍します。
http://webshop.montbell.jp/sp/goods/disp.php?product_id=1128531
OUTDOORGEARZINEさんの記事が大変参考になりました。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です